雪堀りにんじん、ついに収穫です!


ニセコエリアは今年、数年ぶりの大雪でした。

いつ春が来るのかと思いきや・・・3月に入ると意外にも晴天続き。

あれよあれよと言う間に雪が解け、ついに待ち望んだ『雪堀りにんじん』の収穫です。

ニセコから車で30分ほどの喜茂別町にある『小松平農園』へお伺いしてきました。

雪堀りにんじんって?

雪堀りにんじんは、秋に実ったにんじんを収穫せずにひと冬畑で寝かせておいて、雪解けが近くなったら収穫するものです。

3月になると、積雪1mはあろうかという畑を除雪し、残りの雪の上には黒い融雪剤(炭の粉)を撒きます。

写真の右側の雪がちょっと黒くなっているのは、融雪剤の色です。

そうして雪が解けると、その下に眠っているにんじんを掘り起こし、収穫してゆくのです。

今年の作況は?

うーん、今年はあまり良くないかな・・・とおっしゃるのは、小松平幹夫さん。

手にしたにんじんは、大きく縦に割れてしまっていました。

「こんな風に割れちゃって。秋に雨が多かったから、そのせいだと思うんですよね。

ちゃんとしたのが少ないから、今年はA品の値段が上がりそうですよ」

とのこと。でも、味は甘くおいしいと太鼓判。また割れてしまったものも、加工用に出荷することはできるのだそうです。

「ただ人手が足りなくて。なかなかそちらの収穫まで手が回らないんです」

ほとんどが手作業!収穫の様子を大公開。

ところで・・・にんじんをどうやって掘り起こすんですか?とお聞きしたら、幹夫さんが「最初はトラクターで、畝の土を浮かせるんです。見てみます?」

なんと!実際にトラクターで掘り起こすところを見せてくださいました!

皆さんもぜひ!トラクターの後ろの部分で、土をすくい上げるようにして地中のにんじんを掘り起こします。

・・・でも。このあとは一本一本、土の中からにんじんを拾い、葉を切り落として泥をぬぐい、収穫してゆくのです。

手作業で
手作業
手作業・・・!

ご覧のとおり、機械に頼れるのはほんの最初だけ。

あとはほとんど手作業です。なんという大変さ。

「秋に収穫するにんじんは、葉が茂っているからその部分を機械でつかんで抜いていくんだよ。

でも、雪堀りにんじんは葉っぱは雪でつぶれてしまってるし、土がぬかるんでいるから大きな機械も畑に入れない。手でやるしかないんだよね」

幹夫さんのご両親が教えてくださいました。

なんと手のかかったにんじんなのでしょう。

こうして丁寧に育て、収穫してくださった野菜を全国にお届けできるのは、本当にありがたいことです。

収穫されたにんじんは、倉庫で土を乾かしてから箱に詰め、出荷されます。

今年ご予約くださった皆さまのもとに届くのももうすぐ。

取材の帰りに「今日収穫した分ですから」と持たせてくださったにんじんは、オフィスに戻ってすぐに野菜スティックでいただきました。

「・・・わあ、フルーツみたい」

そんな言葉がスルッと出てくるくらい、クセがなく甘いにんじんでした!

小松平農園の皆さま、収穫のさなかにありがとうございました!

■追記■

左端にうっすら羊蹄山。

畑のうち、にんじんを植えてある場所以外はまだ、分厚い雪に覆われていました。

「・・・あっちの雪の下って、なんの畑ですか?」

「あっちは、ホワイトアスパラです」

そう、にんじんの次には、小松平農園からホワイトアスパラが届きます!グリーンアスパラと違い、土をかぶせて日に当てず育てます。

ジュワッと水分たっぷりで、甘みとほろ苦さが楽しめる小松平農園のホワイトアスパラ。

「シーズン初めのほうが甘いので、5月中がオススメですよ!」幹夫さんからのメッセージです。ご予約はお早めに!

2022年産 5/20予約締切・農家直送 ホワイトアスパラガス1kg M-2Lサイズ 【全国送料込・予約商品】喜茂別町小松平農園・・・数量限定 :kmd0002:NISEKO topiko market - 通販 - Yahoo!ショッピング
2022年産予約スタート!希少なホワイトアスパラです。この価格でも、品質に関して自信と責任を持ってお届けいたします。サイズはM-2L(標準で20本程度)の混合となりますが、農協規格の「A品」です。早朝に収穫し、その日のうちに冷蔵便で出荷します。なかなか市場に出回らない「ホワイトアスパラ」。この時期だけの旬の逸品を是非お...

タイトルとURLをコピーしました